Ned Doheny / Ned Doheny (Asylum/Collectors' Choice Music)2009/07/03

Ned Doheny / Ned Doheny

10年ほど前、日本で独自にCD化されたことがあったけれど。長らく市場から姿を消していたネッド・ドヒニーのファースト・アルバムが再発された。

アサイラムから1973年にリリースされたこのアルバムをめぐる今回のCD化。けっこうややこしくて。今回ここで取り上げたのはUS盤。米コレクターズ・チョイスによる本国初CD化だ。これが先月だったか先々月だったかにリリースされて。その輸入盤に簡単な(というか、ひどく大ざっぱな)日本語ライナーを添えた盤も出て。続いて、来月になると本家ワーナーからSHM-CD仕様で限定再発されるらしく。

まあ、アメリカではこのコレクターズ・チョイス盤のみが出ているだけなので簡単だけど。日本では3種類の流通があることになっちゃう。めんどくさいっすね。まあ、どれ買ってもいいと思いますが。いちばん安く入手できるのが米コレクターズ・チョイス盤でしょう。以前出た日本のCDに比べて、格段にリマスター音質も向上している。今度出るワーナー盤の音は聞いていないけれど、特にボーナスが追加されるって噂もないので、こっちでいいんじゃないかな。

ただ、ジャケットはけっこう粗い仕上がりです。ワーナー盤は以前の再発と同じくタイトル文字が黒のUSパターンになるようだけど、コレクターズ・チョイス盤はタイトル文字が白のUKオリジナル盤仕様。73年に東芝から配給されたアナログLPと同じデザインになっている。いやー、混乱してますねー(笑)。

ネッド・ドヒニーというと76年、スティーヴ・クロッパーをプロデューサーに迎えてリリースしたファンキー&メロウなセカンド・アルバム『ハード・キャンディ』の評価が高くて。ぼくも大好きなアルバムではあるけれど。実はこっちの、ファーストへの思い入れのほうが深い。アコースティック・ギターを核にした、ちょっぴり素朴な音作りのもと、ドヒニー持ち前のブルー・アイド・ソウル感覚が存分に発揮されていて。ごきげん。

初めて手にしたのは高校3年のときだったか、大学1年のときだったか…。アサイラム第1期発売として同時期に世に出た連中というと、イーグルス、ジャクソン・ブラウン、トム・ウェイツ、ジュディ・シルなど、そうそうたる顔ぶれ。そんな中ではひときわ地味な存在ではあったけれど、フォーク~カントリーのイメージが強いシンガー・ソングライター系アーティストの中で、ぐっとポップ・ソウル色の強いこの人の個性はとても新鮮で。ジェースム・テイラーやエリック・カズ、ティム・ムーアあたりと一緒に、当時毎日聞きまくったものです。まだアダルト・コンテンポラリー・サウンドが確立する直前の手触りが、たまりません。

コメント

トラックバック