Blood From Stars / Joe Henry (Anti-)2009/08/17

Blood From Stars / Joe Henry

さあ、いよいよ明日、18日はCRTですよ。エリック・クラプトン・ナイト。誰もが知ってるような気になっているけれど、実は全体像があまり知られていないアーティストの代表格みたいなところもあって。でも、先日の来日公演を見たり、去年のスティーヴ・ウィンウッドとの共演ライヴ映像を見たりすると、やっぱりとてつもなくすごい人であることは確かで。そんなクラプトンの魅力を青山陽一+中森泰弘+萩原健太の“ギター長屋”トリオが中心になって、あーだこーだ解きほぐしていこう、と。そんな夜になればいいなと思ってます。

自伝とか読んでみると、クラプトンってほんとにダメ男というか。子供のころから、大好きなブルースの世界にどっぷり浸り込む以外は、もうセックスのことしか考えてないみたいな(笑)。わかりやすいような、わかりにくいような。とにかく“振り切った”人だったようで。その実生活でのダメさかげんと音楽面での超絶さとの共存具合がなんとも魅力的だなぁ、などと凡人としては思ったりもするのだけれど。

いろんな角度からクラプトンのブルース感のようなものにアプローチしていきましょう。左のインフォメーション欄を参照していただいて、こぞってご参加を。お待ちしてます。てことで、本日のピックアップ・アルバムは、クラプトンとはまた違った形でブルースの表現を自分のものにした感じのジョー・ヘンリーの1枚です。

手応えたっぷりの『シヴィリアンズ』に続く2年ぶりの新作。といっても、その間、アラン・トゥーサンの『ブライト・ミシシッピ』、ランブリン・ジャック・エリオットの『ア・ストレンジャー・ヒア』のプロデュースを手がけていて。その辺からの影響もたたえた素晴らしく深く豊かな仕上がりになってます。

これまで通り、本作でもジョー・ヘンリーは曲ごとにいろいろな人格になりきって、様々な感情が複雑に渦巻く心象を綴っていくわけだけれど。ランディ・ニューマンやトム・ウェイツ、ハリー・ニルソンなど、近い方向性を持った先達のようなシニカルさが全面に出ないところがこの人の持ち味かも。まっすぐ聞く者の胸に突き刺さる歌声のせいかな。メソッド・アクター的といえばいいのか、そういう表現力にもかなり磨きがかかってきた感じ。

のっけ、ジェイソン・モランの切ないピアノ演奏によるプレリュードに続いて聞こえてくる「ザ・マン・アイ・キープ・ヒド」の冒頭の歌詞で、いきなりジョー・ヘンリーは“俺が心の中に隠し続けている男のことは誰も知らない”と歌い出す。ひと声目でいきなりぞくっとくる。まだあまり歌詞全体のことを把握できていないけれど、ブルース形式を取り入れつつ、よりリリカルに昇華した表現が随所に聞き取れるような…。

ジェイ・ベレローズ、デイヴィッド・ピルチ、パトリック・ウォーレン、マーク・リボーらを迎えて、サウス・パサディナの自宅地下のスタジオで録音。さすが、シンプルな中にもこの上ない緊張感とスリルをたたえた音作りで。圧倒されます。自宅ってこともあって、息子のリヴォンもサックスで参加している。ちゃんと宿題を終えてからのレコーディングだったそうです(笑)。とつとつとした中にも、確かな歌心を感じさせるサックスが聞けます。

コメント

トラックバック