Taking Care of Business: 1956-1973 / Freddie King (Bear Family)2009/08/31

Taking Care of Business: 1956-1973 / Freddie King

日本は変わりますかね? 変わってほしいっすね。心からそう思います。

でも、ぼくが聞いている音楽は相変わらず。エリー・グリニッチやラリー・ネクテル、ウィリー・デヴィルらの訃報が次々と舞い込み、自分がいきいきと属していた時代の本格的な終焉を思い知りつつも、結局心は50~70年代へ。というわけで、今回もそんなアルバムのご紹介。フレディ・キング、究極のボックス・セットです。タイトル通り1956年から73年まで、エル・ビー、フェデラル、キング、コティリオン、シェルターといったレーベルに残された全てのスタジオ音源168トラックを7枚のCDに詰め込んだ箱です。誰よりもでかい音で、誰よりも凶悪なギター・プレイを聞かせたフレディ・キングのごっついブルース・スピリットをおなかいっぱい、これでもかと浴びるように楽しめる仕上がりです。

「ハイド・アウェイ」「サン・ホー・ゼイ」「ロウ・タイド」「ウォッシュ・アウト」「ドライヴィング・サイドウェイズ」「レミントン・ライド」「ロンサム・ホイッスル・ブルース」など、必殺のヒット・チューンはもちろん、未発表音源も満載。「ユーヴ・ガット・トゥ・ラヴ・ハー・ウィズ・ア・フィーリング」とか「ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン」とかの未発表別テイクも聞けます。68年、ダラスで収録された未発表デモ・セッション(J.B.ルノアの「ザ・モジョ」もやってる!)もコンプリートで楽しめるし。タイトルすら付けられていない未発表インストも3曲くらい入っているし。

テキサス・スタイルとシカゴ・スタイルとが絶妙に入れ乱れるフレディ節の魅力を改めて思い知ることができる。エリック・クラプトンにせよ、ヴォーン兄弟にせよ、フレディ・キングの影響を受けていないブルース・ギタリストなんていないというか。フレディ・キングの影響を受けてなければブルース・ギタリストじゃないとすら思う。あ、もちろんギターだけじゃなくて、ヴォーカルもごきげんです。

この人の場合、いろんな時代のいろんなベストがたくさん編まれてきたけれど。どれも一長一短。この箱こそが決定版だ。って、当たり前か。全部入りだもんね(笑)。でも、フレディ・キングのパフォーマンスは全部が宝ってことで。

コメント

トラックバック