A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne (Stones Throw)2009/09/06

A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne

9月に入って、予想通りすっかりビートルズっぽい世の中に。もちろん、ぼくもビートルズ特需、恩恵を被ってます。ミュージック・マガジン社とかロッキン・オンから出るビートルズ増刊みたいなやつにも執筆させてもらってますし、9月11日に放送予定の『タモリ倶楽部』でも今回のビートルズ・リマスターの聞き比べ企画みたいなやつをやらせていただきました。まあ、『タモリ倶楽部』ですから。全然アカデミックではないですが(笑)。おぎやはぎや近田春夫さんと楽しくビートルズを語ってます。よろしければ見てやってください。NHKで放送される『よみがえるビートルズ』完全版の放送時間のちょっと前です。前座として、ぜひ(笑)。

あと、9月22日のCRTビートルズまつりも、ぜひ。左のインフォメーションをご参照のうえ、こぞって参加してください。前日はおなじみ宮永教授のビートルズ大学。てことで、それに先駆けて9月18日には新宿タワー・レコードで、ぼくと宮永教授、二人でトーク・イベントもやります。詳しくはこちらへ。

とはいえ、ビートルズのリマスター盤はまだ出てないわけで。出るまでは聞いた感想を公の場で発言してもいけないそうなので。他のアルバムの話をしましょう。いいの出ましたよ。また。

ミシガン州アン・アーバー出身の白人アーティスト。もともとはヒップホップ畑でDJとして活動していたようだけれど、遊び半分でオールド・ソウルのパロディっぽいデモ・テープを録音してみたところ、それがストーンズ・スロウ・レコードのピーナッツ・バター・ウルフの手に渡って、去年の暮れにシングル・デビュー。ボビー・コールドウェルばりのハート型の盤が話題を呼んだフィリー・ソウルっぽいデビュー・シングル「ジャスト・エイント・ゴナ・ワーク・アウト」に続いて、もう1枚、ドラマティックスとかデルズとかを思わせる「メイビー・ソー、メイビー・ノー」を出して、いよいよフル・アルバムの登場です。

トム・ベル、ギャンブル&ハフ、スモーキー・ロビンソン、ホーランド=ドジャー=ホーランド、カーティス・メイフィールドといった先達からの影響をふんだんにたたえたブルー・アイド・ソウル的世界観は、最近人気のレトロ・ソウル系の若手アーティスト群にまとめられちゃいそうだけれど。まったく打ち込みを使わず、アナログにこだわった音作りがむしろ新味。

ただ、あんまり歌がうまくなくて。そこが物足りないと言えば物足りないのだけれど、逆に往年のエリック・カズとか、ジョン・サイモンとか、黒人音楽の影響を強く受けた音楽性を訥々とした歌声で綴る白人アーティストのムードと二重写しになったりして。おじさんとしては切なく胸が躍ります。