Theme Time Radio Hour: Season 2 / Various Artists (Ace)2009/10/14

Theme Time Radio Hour: Season 2

ボブ・ディランのクリスマス・アルバム、輸入盤が出回りだしたようですねー。最高にごきげんなホリデイ・アルバムに仕上がってます。『シーム・タイム・レディオ・アワー』のクリスマス特集とか聞いていたので、もっとひねくれた選曲になるのかと思っていたら、かなり直球の選曲になっていてびっくり。そのあたりの真意をあれこれ探ってみたものの、ディランのことだけに、結局よくわからず。萩原祐子がずばり言うには、「子供が生まれたみたいだから、いいとこ見せたかったんじゃないの?」と。案外、これ、当たりかも。

で、まあ、今のイチオシは当然ディランのクリスマス・アルバムってことになるわけですが。これ、来月、国内盤が出る予定で。ライナー、ぼくが書かせてもらいました。またまた長文になっちゃいましたが。それも読んでいただきたいので(笑)、待てる余裕のある方はぜひ国内盤を待ってやってください。今回ディランは、たとえば彼が「激しい雨が降る」を書くきっかけになったキューバ危機のとき、別の視点から平和への願いを託して書き上げられた「ドゥー・ユー・ヒア・ホワット・アイ・ヒア」を取り上げていたり、第2次対戦中に派兵されていた兵士たちの郷愁に訴えた「アイル・ビー・ホーム・フォー・クリスマス」や「ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」を取り上げていたり、長い歌詞の中で普通なら1番、2番、5番あたりを抜粋することが多い「ベツレヘムの小さな町」を、あえて1番と3番を抜粋したフランク・シナトラ・ヴァージョンでカヴァーしていたり。あちこち深読みしがいのある内容になっているので。このあたり、ぜひ対訳付きの国内盤で…みたいな(笑)。

というわけで、今日は違う盤を紹介します。最近はTwitterのおかげで、けっこう気がすんじゃってて。なかなかブログに手を付ける気にならないというか。そういう人、多そうな気がするのだけれど。間が空いちゃって、何を紹介したらいいやらわかりません。なもんで、今さらながらではありますが、輸入盤が先月半ばくらいに出回りだしたディラン絡みのコンピレーションを。

DJボブ・ディランが毎回テーマを決めて、それに沿った選曲と独特の語りで楽しませてくれた衛星ラジオ番組の公式コンピレーション第2弾です。07~08年にオンエアされたシーズン2でかかった曲の中からセレクトされた50曲。ワンダ・ジャクソン、フランキー・リー・シムズ、リトル・エスター、ジョージア・クラッカーズ、ミリアム・マケバ、モーズ・アリソン、ジョー・メイフィス、ビリー・ホリデイ、ルシンダ・ウィリアムス、エディット・ピアフ、スワンプ・ドッグ、キャプテン・ビーフハート、ニルソンなど、時代もジャンルも縦横に飛び回りつつのひねりの効いた選曲が楽しめる。1曲ごとの詳細な曲解説もうれしい。執筆者の中にはアル・クーパーの名前も…。

コメント

トラックバック