Tennent - Morrison / Tennent - Morrison (Polydor/VIVID SOUND)2010/04/16

Tennent - Morrison

教則ビデオ。楽器の弾き方を映像で指導するアレ。あれが好きでねー。家庭にビデオデッキが普及し始めてからはほとんどビデオになったけれど、昔はソノシートとかレコードとかカセットとかで教えてくれたものです。ご存じ、Grecoが制作した成毛滋のロック・ギター・メソッド(だっけ?)とか。ベンチャーズの『プレイ・ギター・ウィズ・ザ・ベンチャーズ』とか。

昔、Tokaiのテレキャスター・モデルにストリング・ベンダーを組み込んだ“クラレンス・ホワイト・モデル”ってやつが出たことがあって。バーズ・ファンだったぼくとしては当然これを買ったわけですが。そのときも教則レコードが付いてきた。でも、教則ブックレットとかは一切なし。ペラ1枚の説明書もなし。あるのはレコードのみ。なもんだから、とにかくレコード盤だけで全部説明しなきゃならないもんだから、楽器を弾きながら、口頭で、「まず3弦12フレットを薬指で押さえて、2弦10フレットと1弦10フレットを人差し指で押さえて、3弦、2弦、1弦とピッキングしたあとベンダーを…」とか(笑)。しかも、全部英語だし。ややこしいったらなかったなぁ。めんどくさくなって、結局、独学でベンダーの使い方を覚えたものです。

その後、映像で教えてくれる時代がやってきたのだけれど。そうなると、けっこう著名な奏者が自ら教える教則ビデオがたくさん出るようになって。レコードにはなっていないごきげんな演奏を披露したりしていて。楽器の勉強のためというより、貴重なパフォーマンスを楽しむためのアイテムとして、あれこれコレクトしたものです。ドナルド・フェイゲンのクレイジーなコード・プログレッション感覚に頭がくらくらする教則ビデオとか、ダニー・ガットンの誰にも真似できないウルテクが炸裂するおかげで教えてもらっても結局真似できない教則ビデオとか、指がむちゃくちゃ長くて普通だったら絶対に届かないようなフレットまで軽く押さえちゃうエイモス・ギャレットの教則ビデオとか…。こうなってくると、もう学ぶためのビデオじゃなく、鑑賞するためのビデオだ。

と、そんな教則ビデオ。毎月やってるCRTで一度はテーマに据えたいと思っていたのだけれど。ついに今度の日曜日、4月18日、教則ビデオ・ナイトが実現します。詳しくは左の情報欄を参照してください。うれしいなぁ。楽器をやらない人はあまり興味のないテーマかもしれないけれど、さっきも書いたように、見たり聞いたりするだけでごきげんなビデオも多いので、そこに記録された未レコード化のパフォーマンスを楽しむだけでも楽しいはず。お時間ある方はぜひ参加してみてください。高田漣くんに教えてもらったラリー・グラハムの教則ビデオとか、もうとてつもないです。パフォーマンスがかっこいいことはもちろんだけど、しゃべりもごきげん。ベースを教えるってより、人生を語りあげてる感じ(笑)。爆笑必至。

リヴィングストン・テイラー、ポール・マッカートニー、ロジャー・マッギン、ジェームス・バートン、ブライアン・セッツァー、リック・ダンコ、ジョン・セバスチャン、B.B.キング、青山陽一などなど、まあ、ぼくがギター好きなもんだから、集めているものがどうしてもギター寄りになってしまうのだけど、あれこれ取りそろえてます。どこまで紹介できるかわからないけれど、みんなで感心したり爆笑したりしながら学びましょう(笑)。

あ、それから、いまだボブ・ディラン来日の熱が冷めないぼくは、今度出る『現代思想』のボブ・ディラン別冊でディスコグラフィを担当させてもらいました。といっても、普通のディスコグラフィって感じじゃなく、もう巻物みたいな原稿(笑)。400字詰めの原稿用紙にして130枚とか140枚とか、そんくらいのボリュームです。半分以上を60年代の作品に割いちゃったという、なんともバランスの悪い原稿ですが。そこんとこはひとつお許しいただいて。よろしければ読んでみてください。

さて、もろもろの業務連絡を終えたところで、今回のピック・アルバム。これはびっくりした。英国発ながらまるでウッドストックで録音されたような手触りが70年代初頭、輸入盤マニアの間で静かな評判を呼んでいたシンガー・ソングライター・デュオ、テネント-モリソンの72年盤『テネント-モリソン』の世界初CD化です。スロー系の曲ではさすがイギリス人らしい、魅力的な陰のようなものも感じられて。しみます。「グッド・フォー・ユー」の柔軟なグルーヴ、好きだったなぁ。ジミー・マカロックをはじめ、バックの面々も興味深い顔ぶれ。実質的には彼らのセカンド・アルバムといった風情の、ジョー・ソープ名義のアルバムも同時に出ます。